中本整骨鍼灸院は、摂津市・吹田市の千里丘で心と身体の疲れから始まる、肩こり・腰痛の改善のお手伝い!
予約制「予約をいたします・・・」とお電話ください

0120-075-907【JR千里丘、徒歩4分】

営業時間午前9:00~12:30/午後3:00~7:30
休業日/日曜・祝日

 

 

「こんばんは」
中本整骨鍼灸院、広報担当の
ウルトマンです。

月末というより

「ゴールデンウィークの始まり」と

いった方がいいでしょうか?

レジャーや旅行に

お出かけとなる方も多いとは思いますが、

交通事故や体調不良に

はお気を付けください(0I0)/

【お知らせ】

ゴールデンウィーク中の営業は
暦通りとなっています。

少し早いですが
5/13(日)は母の日特別診療日となっています。
時間/9:00~4:00(予約制)
来週5/1より受付を開始いたします・
尚、定員達し次第終了とさせて頂きます。

【Q&Aのコーナー】

質問 茨木市 J先生

私、茨木市で
整体院をやっています、
Jと申します。

中本先生の「健康新聞4月号」を拝見しました。
特集で
「目の疲れと肩こり」の記事がありましたが、
目の疲れと肩こりが、
つながってないように感じました。

もう少し詳しく教えてください。

答え

J先生,

ご質問ありがとうございます。

ご指摘どおり、
目の筋肉(眼球の運動筋及び毛様体筋)の
疲労と、肩こりは

直接には関係ないと私は考えています。

しかし、
間接的には以下のことが考えられます。

1.「長時間の同じ姿勢」

パソコンや、スマホなどで
頭を傾けた状態を長く続けますと
頭を支える首肩の筋肉(僧帽筋、肩甲挙筋など)が
疲れ、蓄積された結果
肩がこります。

つまり、
目を使う姿勢の問題です。

2.「頭の固定姿勢」

先ほどが大きな姿勢維持だとしたら、
今度は頭蓋骨の固定維持。

作業や読書の時の視線を
前後左右にブラさないために、
首(上位頚椎)と頭蓋骨を
つなぐ筋肉に力が入り
頭を固定します。

この時に使うのが後頭下筋群です。

この筋肉は僧帽筋などと違い、
親指ほどの小さな筋肉で
頭を長時間支えるには非力な筋肉です。

長時間になると疲れて
頭痛や首のコリをおこします。
※頭痛についてはこちらから

3.「ストレス」

 

目のピントを合わす筋肉(毛様体筋)を
酷使しますと一時的に
近くのものが見えにくくなります。

見えにくいままでのデスクワークや
読書は不快なものです(ストレス)

この不快感(ストレス)が長く続くと、
交感神経が優位になり

 

首肩の筋肉の血流が悪くなります。
さらに疲労が溜まりやすくなります。

そのほかにも、いくつかありますが
代表的なものは以上です。

 

~いつものお知らせ~

 

木曜、土曜日の午後に、

お1人1時間までの予約診療をしております。

鍼灸療法・整体療法・保険治療のいずれの科目でもOKです。

ゆっくり施術をしたい方
他の患者様のいない時に症状の話をされたい方
病院では落ち着いて症状の説明が出来なかった方

そんな方のための予約診療です是非!ご利用下さい。

 

時間
/木曜 午後3時~7時30分
/金曜 午後7時~10時
/土曜 午後1時~4時

お問い合わせの方は

0120-075-907
中本整骨鍼灸院まで