其の一、運動のすすめ

10月に入り、
秋なかばといったところですが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

「こんにちは中本整骨鍼灸院の中本です」

秋といえばやっぱりスポーツの秋!
ですよね。

暑くもなく、寒くもなく
身体を動かすにはもってこいの季節です。

この健康新聞を読んでいる皆様も、.
運動の必要性については十分に分かっていると
思うのですが、
なかなか行動にうつせないない
人も多いと思います。

行動にうつせない人の理由として挙げられるのは、
【時間がない】
【お金がない】
【何をやっていいのかわからない】です。

そんな方の共通点は
運動を大袈裟に考えていることです。

マラソンやテニス、水泳など
大掛かりなスポーツを連想しがちですが、

健康のための運動なら
もっとシンプルな物でもかまわないのです。

そこで、
おススメの中本式健康運動法を提案したいと思います。

【難易度0~1】
入浴中の腹式呼吸:
これこそ最小にして最強の運動法。私たちのカロリー消費の7割は基礎代謝です。その中でも呼吸は最大の消費量になります。

【難易度2~4】
風呂上がりの10分ストレッチ:
適当で結構ですテレビを見ながらでも出来ます。

【難易度5~7】
運動靴をはいて梅田でウインドショッピング:
靴を変えるだけで軽く1時間以上のウォーキングに早変わり。

【難易度8~10】
金曜日のひと駅下車ウォーキング:
いつもは千里丘まで電車に乗って帰ってくると思いますが、休みの前日はひと駅手前で降りて歩いて帰るのです。新しい発見も期待大ですよ。
一度お試しください(^-^)v
※当院ブログにてもう少し詳しく掲載しています。

 

其の二、ビタミンB1の働き

体内で糖質をエネルギーに変えるとき、
酵素の働きが必要となります。

この酵素がしっかりと機能するには
補酵素が不可欠で、ビタミンB1は
補酵素の働きを果たしています。

糖質を分解するB1は、米飯をたくさん
食べる日本人には欠かせない栄養素です。

B1が不足すると糖質の代謝が滞り、
体内に乳酸などの疲労物質がたまり、
疲れやすくなったり、
筋肉痛になります。

またB1は、
脳や神経のエネルギー源なのでしっかり摂る事で集中力が増し、
記憶力が向上します。

逆に不足すると、
イライラや集中力の低下、
筋肉痛やむくみ、
脚気などがあらわれます。

ビタミンB1は、
水に溶けやすく熱に弱いので調理によって
50%が失われます。

しかし、
にんにくやねぎと一緒に食べることで
体内に長くとどまり吸収率も高まります。

さらに、
水に溶けにくく熱にも強くなるので
調理による損失が少なくてすみます。

なので、
ビタミンB1は、にんにくやねぎと併せることで、
上手に摂取することがポイントになります。

栄養を効率よく摂り、健康に過ごしていきましょう。

ビタミンB1を含む食品:
うなぎ、たらこ、紅しゃけ、豚肉、大豆、生そば

~ロジャー・ウイリアム~(米国 栄養学者)
「わたしたちの身体は、私たちの口から飲んだもの、食べたものからしか出来ません」

 

其の三、おすすめ!古本めぐり

「物語のおわり」

単行本 – 2014/10/7

今回紹介するのは人気作家、湊かなえさんの一冊です。

物語は、
小説家を夢見る片田舎の少女から始まります。

しかし、
少女は一冊の書きかけの短編小説を残し夢をあきらめました。
やがて時は過ぎ
その一冊の短編は北海道に向かう
不思議な縁を持った男女に手渡されていきます。

そして最後にたどり着いた人とは・・・

未完の小説を読むことによって、
さまざまな立場からさまざまな想いが展開します。

読むと、
北海道に行きたくなる、オススメの一冊です。

 

今月の一言

「足元から冷え始める、秋の気配」
長ズボンの準備と、お風呂にゆっくりつかりましょう!

 

今月のストレッチ

今回は猫背編の2回目です。

 

「猫背編1」は、こちらからご覧ください