其の一、オキシトシンを知ってますか?

 

秋本番となり、
熱中症に気を付けていた夏が懐かしく感じられます。

こんにちは中本整骨鍼灸院の中本です。

ところで、

オキシトシンというホルモンはご存知でしょうか?

オキシトシンは
脳内の視床下部で作られるホルモンの一種で、
主に出産や授乳にかかわることで有名です。

また、
オキシトシンの別名は「愛情ホルモン」と言われ、
人同士、恋人や夫婦、赤ちゃんとお母さん、
はたまた、ペットと触れ合うことによってお互いに分泌され、
愛情や幸福感、
信頼関係を
向上される働きがあります。

近年、
オキシトシンにはストレスを抑えたり、
自律神経の働きを整えたり、
免疫力を高めたり、
体の痛みを抑えたりと、
さまざまな健康効果があることがわかってきました。

オキシトシンの分泌を高めるポイント

その1「五感に気持ちいい刺激を与えること」

体を気持ちよく動かしたり、
おいしいものを食べたり、
美しい景色を見たり、
好きな音楽を聴いたり、
いい香りをかいだり……。
要するに、
体と心が心地よく感じることをすればいいのです。

その2「人と交流すること」

もともとオキシトシンは、
スキンシップをすると分泌されることがわかっていました。

母親が赤ちゃんを抱っこする、
恋人同士が手をつなぐ、
マッサージを受ける……など。

触れ合うことによって
双方にオキシトシンが増加します。
ただし、
信頼関係がなく、嫌悪感のある人とは逆に減少する可能性があります。

 

其の二、おすすめ!自分でできるオキシトシン増量のツボ

風池

場所:
耳の後ろに、
下に向かってとんがった骨と
うなじの(髪の毛の生え際)の中央を
結んだ真ん中あたりにあります。

点というよりその周辺の
心地よい部分を心地よい強さで押す、
もしくは
親指で指圧してもらうのがベストです。

肩井

場所:
肩の先端から
頚の中央を結んだ真ん中にあります。

このツボも点ではなく、
指でつまんでみて、
気持ちいいところ周辺と思ってください。

自分でやる場合は、
肩の上から押すのではなく、
横から広い範囲を
指でつまむように刺激してください。

風池・肩井ともに
親しい方にマッサージしてもらうのが
一番いいのですが、
できない場合は私が施術させていただきます。

其の三、「おすすめ!古本めぐり」

「わたしを離さないで 」

カズオ・イシグロ(著) 文庫 – 2008/8/22

ご存知の方も多いと思いますが、
2017年にノーベル文学賞を受賞した
日系イギリス人のカズオ・イシグロさんの作品です。

同作品はイギリスで映画化され
日本でも綾瀬はるか主演でドラマにもなりました。

物語は主人公のキャシーという女性の
一人称で展開します。

この物語の肝はキャシーとその仲間たちは皆、
誰かのためにドナーとして作られた
クローン人間です。

いつの時代設定とは明記していませんが、
第二次世界大戦後のパラレルワールドを想像させます。

読んだ私の感想は複雑で、

読み終わった直後は
「退屈でつまらない」でしたが、
しばらくすると、
「人のあり方を書いた本なんだな」とか
「揺れ動く少女の心を描いた秀作」
最後には「誤った人の未来を描いた傑作」
とまで思えるようになりました。

おそらく、
この本を読んだ人は読み終わった後から
「素晴らしい小説」に気づくはずです。

決して万人受けするとは言いませんが、
興味のある方にはおススメです。

今月の一言

「晴れた11月は、一年で一番穏やかな一日」
本格的に寒くなるまでに、秋を楽しみましょう(^^)/

今月のストレッチ

 

「一人で出来るストレッチ整体」
~猫背編3~

お知らせ

足元が、冷え始める季節が始まりました!

そんな貴女に、
“冬季限定”足浴、今年もはじめます