明けまして、おめでとうございます。

今年も、
皆様の健康のお手伝いができますよう
心がけていきます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

中本整骨鍼灸院は
本日、5日(土)より
営業しています。

【お知らせ】

1月22日(火)の午前の営業は
職員健康診断のためお休みいたします。

尚、午後からは通常営業いたします。

 

【コラム】

「痛みの正体」

お正月も4日を過ぎ、
さあ身体を動かそうとしたら
肩やら腰、膝に
痛みが走ることはありませんか?

こんなの時、
「関節が壊れた?」
「ヘルニア?」
「リウマチ?」
「それとも、もっと怖い病気?」

な~んて深刻に考えがちですが
ほとんどの場合は
寒さや、血行不良が原因の
「筋肉痛です!」

もちろん
「リウマチやその他の病気」の
可能性もないとも言えませんが
確率は低いでしょう。

また、
アクシデントや
外傷に覚えがなければ
関節が壊れたり、捻挫、骨折などは
まずありえません。

長期休暇の後の
肩、腰、膝の痛みは
ほとんどが、
筋肉痛だと思ってください。

ではこの筋肉痛の正体は
冷えや、
身体を動かさないことによる
血行障害です。

筋肉は、
大した運動をしていなくても
破壊され再生を繰り返しています。

その再生の時に
作られるのは
ブラジキニンという発痛物質です。

同様に
疲労回復の時に発生する
水素イオンも同じく発痛物質です。

これらの
発痛物質が蓄積、停滞すると
痛みを自覚するわけです。

では、
この状態から抜け出す方法は!?

意外と簡単です!
血行を良くしてあげれば、
冷えや運動不足程度の発痛物質なら
洗い流してくれます。

お風呂や、ストレッチでもいいのですが、
一番のおすすめは「散歩です」

ただし、
急激に動かすと
筋肉に負担がかかり過ぎて
逆に痛みとなりますので
少しづつ動かしましょう。