こんばんは、
中本整骨鍼灸院、広報担当の
ウルトマンです。
今日で平成も終わりです
お世話になりました。
明日から始まる「令和」
よろしくお願いいたします。
【お知らせ】
5月5日(日)
営業しております。
 
治療が必要な方は
0120-075-907
まで、ご連絡ください。
 

5月12日(日)
母の日特別診療を行います。
がんばっている
お母さんを
中本整骨鍼灸院が
治療でプレゼントいたします。
また、
「母の日記念回数券」
【Q&A】
今回は、
先日(4/28)に初めて来院された
Jさんの許可を得て
投稿させていただきます。


【質問】(問診内容)
蔵垣内 J様 39歳男性 デスクワーク
「連休中、朝起きようとしたら
腰が痛くて身体を伸ばすことができない」

昼過ぎから

部屋でごそごそ動かしていると
少しマシになってきた。
しかし、
翌日も、朝起きようとすると
同様の痛みがあり、
心なしか、
前日より悪化している気がします。
これって、
「内臓の病気でしょうか?」

【答え】
結論から言いますと、
内臓の病気ではありません。

腰を内側から
支えている「大腰筋」
腰痛です。

問診で
詳しくお話を聞かせていただくと

普段は

朝6時30分には起床して
7時過ぎには出勤しているとのこと。

しかし、
連休に入ってからは
前日の
夜遅くまでインターネットをしていて
昼前まで寝ていたそうです。
(なんと、9時間も寝ていたそうです)

普段、6時間前後の方が
睡眠時間が長くなると
筋肉内の血流が悪くなり
腰の筋肉が固くなります。

また、
Jさんの場合は
仰向け眠ることが多く
あまり寝返りはしないとのことです。
仰向けで寝続けますと
身体の構造上、
大腰筋が常に引っ張られるため
大腰筋は力が入りっぱなしとなり
血流不足と重なって
筋肉が固くなり短縮して
腰が伸びなくなります。
これが今回の
腰痛の原因です。

Jさんの場合、
普段の睡眠時間になれば
腰のトラブルはなくなるとは思います。

予防法としては
1、お風呂にゆっくり入り血液の循環を良くすること

2.お風呂上りと朝一番に、大腰筋を含めた軽いストレッチを行う

3.朝は30分前後の散歩をする。
以上、三つを続けることをおすすめいたします。
大腰筋のストレッチに関しては
こちらを参考にしてください。

おまけ、
Jさんも言っていたのですが、
「寝相」は変えられません。
だって、寝ている間は意識がありませんので
自分をコントロールすることは無理ですね。

やっぱり、
起きているときの
ストレッチが大事ですね(*^^)v
長期休暇中の皆様も
気を付けてください!

Follow me!