おはようございます
中本整骨鍼灸院の中本です。

梅雨のさなか
うっとうしい日が続いていますが
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

梅雨が明けると今度は
本格的な夏がやってきますね。

では、お知らせから

8月19日(月)から
 21日(水)までは
夏休みとさせていただきます。

【コラム】

「リンパの働き」

「リンパ」という名前は
知ってるけど

「身体の中で、どんな働きをしているのかは知らない」

という方多いと思います。

そんなわけで
意外と知られていない
「リンパの働き」について
解説してみたいと思います。

まずリンパは血液同様
身体の隅々までリンパ管という管で巡っています。


では色はどうでしょう?

赤、青、もしかして黒?

正解は「無色透明です」
しかも管も透明です。

では働きは?

一つ目は
「余分な体液の回収と排泄作用」です。

毛細血管からは絶えず染み出ていて
この液体の余分なものをリンパは回収します。

さらに通常、
動脈で運ばれてきた血液(栄養やエネルギーなど)は
使い終わると老廃物となります。

これを回収するのは静脈の仕事なのですが
静脈が回収しきれなかったものは
リンパが余分な水分と一緒に回収します。

「下水道」のようなものですね。

もう一つは
「免疫作用」です。

回収した水分の中には細菌やウイルス、毒素が
含まれています。

 

こういった身体に有害なものは
リンパの管の中の関所
「リンパ節」に集められて
リンパ球とマクロファージで無害にしてくれます。

これが、リンパの免疫作用です。

リンパ液はどうやって動いている?

リンパ管は心臓のポンプでは動いていません

なので、
血管のようにいきよいよくは流れません。

身体から生じる圧でじっくり流れています。

なので、
座りっぱなしや、運動不足になると
流れがどんどん悪くなります。

そんな時は、
軽い運動と、お風呂で
リンパの流れを良くしてあげるといいでしょう(^_-)-☆