問題です、

病院で

A「原因がはっきりしている腰痛」

B「原因がはっきりしていない腰痛」

どちらが多いでしょうか?

 

腰痛や坐骨神経痛はよくある症状ですが、今つらい人も、つらくない人も腰痛の統計的なことはよくわからない方が多いと思いますので、今回は腰痛にまつわる統計のお話です。
そもそも「腰痛」とは病気の名前ではなく「腰部を主とした痛みや不快感」といった症状の総称です。

腰痛は、ざっくり分けると、二つに分けられます。

特異的腰痛
医師の診察及び、画像の検査(レントゲン・CT/MRIなど)で痛みの原因が特定できるもの。

非特異的腰痛
痛みの原因が特定できないもの

問題は、「原因がはっきりしている腰痛(特異的腰痛)」と「原因がはっきりしていない腰痛(非特異的腰痛)」のどちらの方が多いかです。

 

実は、
「原因がわからない腰痛(非特異的腰痛)」の方が
85%と圧倒的に多いのです!

専門家である医師が診察しても、これが原因ですといえる腰痛は、
たった15%ということになります。

 

「じゃ、なんでこんな数字になっちゃうのでしょう?」

 

 

 


「それは証明できないからです!」
レントゲンやCTは骨の異常や周辺の変化を見ることはできますが、骨折や脱臼がない限りは異常とはしません。またMRI検査では内臓・神経管・血管の異常を写し出すことはできますが、ここに異常がなければ腰痛の原因とはしません。
さらに、写し出された脊柱管狭窄症やヘルニア、辷り(すべり)症が本当に今回の腰痛の原因であるかどうかがわからないのです。

ご存知でしたか?40~60代の腰や首には症状があるなしにかかわらず、脊椎の異常(脊柱菅狭窄症やヘルニヤなど)があるのです。

つまり、
成長が止まると同時に私たちの身体は老化が始まり、抜け毛だろうが、老眼であろうが部分的な「経年劣化」が始まるのです。背骨(脊柱)も同じく“よほどの手入れをしていないかぎりは”それなりに悪くなるのは当たり前のことだと思ってください。だから、ずっと前から存在していたものが、今回の腰痛の原因とは証明できないからです。

本当の原因は?
まず、一度疑ってみる。
骨や軟骨、脳からの異常じゃなく、
身体が冷えているだけかも?」
「運動不足で筋肉が固くなっているだけかも?」
重い荷物を片側の手で持ちすぎて身体が傾いているのかも?」
と仮説を立ててみるのです。

次は、
「毎日ゆっくりお風呂に入ってみる」
「毎朝、軽いストレッチや週末散歩してみる」
「カバンの持ち手を変えてみる」
「靴を変えてみる」
などを一つ一つ試してみて、よい変化が出るようならそれが解決法です。身近なところから原因と思われるところを改善してみるのです。これが消去法です。
ただし、一日や一回じゃダメですよ!最低3週間は続けてみて下さい。

それでもダメなときは、もう一つ試してみて下さい!

当院では冬場の腰痛、肩こり対策として身体を温めてから、ストレッチと整体を行っています。

 

 

 


「温灸の後のストレッチ整体」

【施術内容】
まずは、足湯と温灸で身体をストレッチに適した温度まで温めます。
その後、マッサージで伸ばしたい筋肉をほぐします。
最後に、2種類の優しいストレッチで無理なく筋肉を最適化いたします。お時間は約40分です。

詳しいメニューと料金はこちら 腰痛/肩こり解消に役立つクイズ ~その2~