初めに、
「症状ってどうして起こるのでしょうか?」

答えは、
「原因があるからです」
(まぁ、当たり前の話です)

例えば、
水浸しになった床があるとします…
今日の朝出かける前は“問題なかった”はずなのに、
帰ってきたら水浸し。

家の中を探してみたら、
お風呂の蛇口が開けっ放しでガンガン水が出ています。
とうとう湯船がいっぱいになって、
浴室を超えて床まで流れ出したのです。

これが原因です。

火事になるには火事の原因、
テストの点数が悪いのはテストの点数が悪い
原因があるからです。

「あなたの、症状の原因はなんですか?」

もし、
手が届く場所の蛇口なら今すぐ止めましょう。

でも、
中には変えられないものあるんです。

例えば、
お仕事が原因だったら、
お仕事をやめてしまえば症状はなくなるでしょう。

野球のピッチャー(右投げ)で、投げすぎて痛くなったのなら、
明日っから左手で投げればいいと思います。

肝臓が重たくなって右に体重が傾くのなら、
肝臓の位置をもう少し左に寄せればいいと思います。

赤ちゃんの抱っこが原因で腕が痛いのなら、
抱っこをやめれば解決です。

でも無理ですよね、
今あげた例は全部不可能に近いです
(イヤ、仕事をやめるのは可能かな…)

同じように身体の中で変性してしまったもの、
老眼・脊柱管狭窄症・骨粗鬆症・圧迫骨折・変形性の関節症…などは、

元に戻すのはむずかしいですね。

不可能なところに時間やお金をかけるのは、
治してほしい人も、
治してあげたい人も無駄な努力をしているだけです。

「でも、ほかに変えられるところはないでしょうか?」

あります、ありますよ!
血の巡り・入浴方法・姿勢・筋力・柔軟性・持久力・歩き方・睡眠時間・仕事で使う道具・かかとの磨り減った靴…

などはお金と時間をかければ
変えることができます。

なんだったら明日っからでも変えられるものもあります。

「皆さん、こんなふうに考えていませんか?」

治療とは、
10の痛みがあったら「治療を数回すれば0になる」…と、

これってメッチャメッチャむずかしい事なんです。

それが肩こりや腰痛であってもです。

だって、
変えられないところはあるし、

変えられるところに改善を加えない日常を送っていても
10は0にはなりません。

まるで、
大阪環状線に乗ったまま
「あ~早く京都に着かないかな…」
って考えているだけと同じです。

これを解決するには、
環状線から京都線に乗り変えることです。

「実は、症状って二階建てなのです。」

もちろん、
変性や変形だけでも症状は発生するのですが、
その症状を悪化させているのが、
血行不良・筋力低下・体が硬くなる・猫背なのです。

ここを改善すれば症状は、
0にはなりませんが、
半分だとか3分の1にまで回復することは
期待ができます。

症状の、
土台となっているのが一階部分とするなら、
その症状を悪化させているのが2階部分です。

さてさて、あなたの変えられるところはどこですか?

 

そんな回復のお手伝いするところ
中本整骨鍼院 
「チラシ、ホームページを見て予約したいんだけど」と、お電話ください。

お問い合わせは、

0120-075-907まで