中本整骨鍼灸院は、摂津市・吹田市の千里丘で心と身体の疲れから始まる、肩こり・腰痛の改善のお手伝い!
予約制「予約をいたします・・・」とお電話ください
0120-075-907【JR千里丘、徒歩4分】
営業時間午前9:00~12:30/午後3:00~7:30
休業日/日曜・祝日

其の一、水分補給とその数字について

こんにちは、中本整骨鍼灸院の中本です。

7月に入ってや急に暑くなってきましたが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

暑くなると必ず話題となるのが、
熱中症と水分補給ですよね。

この健康新聞でも何度か取り上げましたが、
今回は“数字”にこだわってお伝えしたいと思います。

ところで、
体内の水分量ってどれくらいだと思います?
30%?
50%?
70%?

答えは55〜60%です。

その内訳は(体重が50Kgの人なら約30L))
約60兆個ある細胞内に3分の2(20L)
細胞と細胞の間(細胞間)に4分の1(7.5L)  
血液中に12分の1(2.5L)
ということになります。

では 体内での水の働きはどんなことをしているのでしょうか?

1.栄養・ホルモンの運搬
2.老廃物の排出(排便/排尿)
3.食べ物の消化吸収のお手伝い
4.体温調節(発汗)などです。
(ここ、大事ですので覚えておいてください!)

“どれだけ飲めばいいのか?”の前に、先に身体から出ていく水分についてお伝えいたします。
呼吸:300ml
+汗:550ml
+大便:100ml
+不可避尿:500ml
(体内の老廃物を溶かすのに最低限必要な尿)
+随意尿:700〜1000ml
(摂取した水分の量によって調節される分の尿。多く水分をとり過ぎたら、これで排せつする)

合計2150〜2450ml

一日の必要な水の量

もちろん、
年齢や身長体重にもよりますが成人の場合
最低でも2リットル以上が必要となります。

水を飲まないと、どんな不具合がおこるか?

体温調節/汗の量が少なくなるため
皮膚のラジエーター機能(熱を下げる機能)が弱ります。

消化吸収が不十分になり、更に便秘傾向となる。

おしっこの量が減り、
老廃物が体内にたまり病気になりやすくなる。

頭がボーっとする。
体重の2%が失われますと身体の動きが鈍くなり、
頭が働かなくなり決断力が低下します。

其の二★おすすめ!「水の飲み方」

上記のように、
成人では一日に2リットル以上の水が必要となります。

でも、
「水だけを飲むのは“苦手”」
という方多いと思います。

そこでこんな飲みかたはいかがでしょうか?

朝、起きたらコップ一杯(300ml) 

朝食でコップ一杯(300ml) 

お昼ご飯でコップ一杯(300ml) 

3時のおやつでコップ一杯(300ml) 

晩御飯でコップ一杯(300ml) 

お風呂の後にコップ一杯(300ml)+α

で、だいたい2リットル以上となります。

是非お試しください(^^)/

追伸、
ただしアルコール・カフェイン・糖質を含むものはコップ一杯(300ml)に入れないでくださいね。

其の三、「おすすめ!古本めぐり」番外編

オレンジページ (株)オレンジページ発行

当院の待合室に置いております”オレンジページ”は、
毎月2日と17日の二回発行されます。

各号企画は色々ですが、
主に旬の食材を使ったお料理のレシピや、
忙しい女性の為の時短レシピや作り置きレシピが盛りだくさんです。

また、
おしゃれや、節約、健康(疲れた身体のケア)、
人付き合いのストレス解消法についても
「はぁ~なるほどいいね!やってみよう!」と
思う記事が満載です。
是非読んでみて下さい。

今月の一言

「冷房の偉大さ感じる、夏が来た!」


今年もよろしくお願いいたします。

 

今月のストレッチ

今回は、冷房で冷えた腰のための

「一人で出来る、ストレッチ整体」
~腰痛編~です。

お知らせ

~夏休みのお知らせ~

8月17日(金)18日(土)19日(日)は
お休みいたします

了承お願いいたします。

~いつものお知らせ~

中本整骨鍼灸院では
木曜、土曜日の午後に、
お1人1時間までの予約診療をしております。
鍼灸療法・整体療法・保険治療のいずれの科目でもOKです。

ゆっくり施術をしたい方
他の患者様のいない時に症状の話をされたい方
病院では落ち着いて症状の説明が出来なかった方

そんな方のための予約診療です是非!ご利用下さい。

時間

/木曜 午後3時~7時30分
/金曜 午後7時~10時
/土曜 午後1時~4時

お問い合わせの方は
0120-075-907
中本整骨鍼灸院まで